痛風

2011年08月23日

診察に行く。

約束の日はもう少し前だったんだけど、診療所が夏休みになってしまってたので、この日になる。
採血採尿に加えて血圧も測定したところ、140-94という、「Ⅰ度(軽症)高血圧」の数値が出る。単純に結論は出せないが、高尿酸血症と関連するかも知れないということで、次回の検査のときまで、塩分を控えるなどして血圧を下げるように言われる。うわー。とりあえずラーメンのスープ飲み干すのは禁止だw。
薬はこれまでと同じ50mgのザイロック。次の診察は一ヵ月後。

夕飯は小杉にリクエストして「きじ焼きを卵でとじた親子丼」を作ってもらうw。激(゚д゚)ウマー

nosuke64 at 18:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年07月05日

再診^^;意外な検査結果

というわけで一週間たったので、京王八王子まで検査結果を聞きに行く。
まあ、一回やってるし、飲みすぎた自覚もあるしで、ふつーに前と同じような痛風の診断だろうと思ったら、、、予想の斜め上を行く、意外な結果。以下、()内は基準値。
尿酸値は7.4mg/dl(3.6~7.0)。ちょっと高いんだけど、この程度で痛風発作が起きるとは思えないレベル。んじゃ、なにがアカンかったのかと思ったら、「ビタミンB12(あるいは葉酸不足による貧血?」だってええええ?貧血なんて言われたの、生まれて初めてだw。そっかあ、それで痛みも前回より大人しかったんだな。
そして、γ-GTPは、悪夢の過去最高値640U/l(79以下)!!!どうやら、飲みすぎのせいでビタミン摂取が阻害されてるらしい。
というわけで、「まあ、お酒はほどほどに。あと、野菜たくさん食べるように。」という診断結果。もう痛みはないんだけど、微妙にまだ炎症が治まってないくさいので、あとまた一週間様子見。炎症がカンパケしたら、尿酸産生抑制剤に切り替わることになる。思ってもみなかったけど、このところ毎日野菜サラダもりもり食ってるのは、別の意味で正解だったんだw。と、思って調べたら、チーズやたまご、しじみや海苔とかも摂るといいっぽい。

帰りは松屋で牛丼。240円セールの誘惑に勝てなかったw。


nosuke64 at 12:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月28日

診察を受けに行く(ひさびさ

どうにか歩けるので、京王八王子のかかりつけの診療所を訪ねる。
経過の問診と、まだ腫れと熱を持っている特徴的な患部を見て、「まあおそらくやっちゃったでしょうねー。」という感想。採血採尿をして、一週間後の結果待ち。それまでの一週間分の痛み止めの薬を出してもらう。
これで、今週の競馬場の仕事は間違いなく大丈夫!
近くの薬局で処方箋を出して、薬を待っていたら「ジェネリックにしますか?」と聞かれたので、そうしてもらう。「後発医薬品」と言って、同じ処方で作られた安い薬のこと。今回は痛み止めの「ロキソニン」を、ジェネリックの「カンファタニン」に変更。コレを飲むと胃が荒れるので、必ずセットで処方される胃薬「レバミピド」もジェネリック。今日から三日間だけ飲むことになっている強めの痛み止め「プレドニゾロン」だけは、先発医薬品。
昼前に出かけて、終わると昼ごろ。腹ペコだったので、なんか食って帰ろうかと思いつつ、帰りはバス停のあるJR八王子駅南口に出てみたら、どこもすっげー行列だったので断念。うむー、店の多い北口で入ればよかったと後悔したけど、家で食うことにして、バスで帰宅。
とりあえず、卵とじうどん作って、一回目の服用。シップも貼りかえる。
15時過ぎに、また腹が減ってきたので、木曜にイトーヨーカドーで買った紀文の「肉ワンタン(冷蔵)」を作って食ってみる。うむ、自分で作ったほうがウマイけど、これならまあまあいける。リピしよ。
そして、18時過ぎにまた腹が減ってきた(ワンタンじゃ腹は一杯にならんからなーw)ので、冷凍食品の炒飯を食う。朝から水ももりもり飲んでるので、けっこう腹が重いw。そして、夜の分の服用。これで今日の分の薬は終わり。ふー。

うーん。一週間して痛みがとれていれば、「尿酸値を下げる薬」が処方されることになり、いつ終わるともわからない「投薬→検査→投薬→検査→投薬・・・」の日々がまた始まる。前回は途中で息切れしてしまったが、今度はがんばって続けよう。三度めはない!もうゴメンだ!また、楽しく生ビール飲み放題に行きたいんだよっ!具体的に高尾山ビアマウントとか!


nosuke64 at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月27日

だいぶおさまったけど。。。

しかし、話に聞いたたまねぎの効果レベルではなく、普通にアイスシート安静が効いてるレベル。金曜日の状態にもどった感じ。結局、痛風だったのか不明なまま快方に向かう。
まあとりあえず、痛風の発作を疑うべき理由はあるので、ちょっと、食事と水分補給には注意しよう。
午後にはサンドラッグまで行ってシップを購入。
痛風だとしたら、金曜から安静にしてないと、とんでもなく悪化してたはずだったんだけど、軽く済んでよかった。
今の競馬場の仕事始めてからは、体調管理にはかなり気を使ってたんだけど、その習慣が崩れたのは、やはりあの「東日本大震災」からだなあ。その仕事は一ヶ月休みになるし、思うようにメシが作れなくて外食に行きがちになったり。

とりあえず、明日にでも京王八王子まで行けそうなくらいに痛みが治まったら、主治医んとこにひさびさに尿検査してもらいに行く予定。それで、来週くらいには痛風かどうか見当がつくはず。痛みが微妙だったら血液検査も。

nosuke64 at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月26日

第三回中山競馬第四日><痛風だということにしよう!

朝になると、昨日とは違う種類の痛みに変わっている。昨日と違って「痛い」のではなく、「痺れが切れてる」感じ。やはり、ビッコをひかないと歩けないが、今日のほうが普通に近い歩き方ができる。しかし、足先の患部は真っ赤に腫れ上がってるため、痛風だと思うことにする。おっかしいなー。痛風の二回目以降の発作は、前回の発作よりもひどくなるのが常識なんだけど、これ、昨日よりマシになってるっぽくね?
痛みは低くなってるけど、しびれるような感じのほうが立哨時にツライ。しばらく立ってると、そのあとじ~~~んとして歩き出せなくなるんだよね。そのため、立哨中はこまめに体重移動をする。
出勤してすぐに、ロッカーに置いてる小杉パパ靴にはきかえ。この靴は、インソールに体重の負荷が分散されるインソールを入れてるので、こっちのほうがよさそうと判断。昨日はまったく対策をとってなかったけど、この日は三度、シップと冷却シートを貼りかえる。
この日の配置は(J)になったんだけど、昨日足を痛めてたことを知ってる先輩が班長だったので、16時終了のローテを指名してもらえる。
おかげで、まあなんとか無事終了。帰りは府中競馬正門前駅よりもさらに近いところにバス停のある、「ちゅうバス」で府中駅へ。ひさびさにC&Cでカレー食って、しびれる足をかばいつつ、帰宅。帰宅後も、サンドラッグに買い物に行こうかとか思うレベル。時間的に薬剤師さんが不在じゃね?と思ったら気力がなえたので行かなかったけどw。

ところで、最初の痛風発作のとき、痛みがとれるのに二週間かかっている。なので、もし痛風なら来週の仕事も足を引きずることになりかねないので、イマイチ痛風じゃないっぽいんだけど、最悪の場合を想定してネットでいますぐできる対策を検索。
そしたら、「生たまねぎ半分~一個をスライスして、水にさらさず食うと、立ち上がることさえできなかった激痛が明朝には治まった」という民間療法を発見。さっそく、小杉に頼んで作ってもらう。うおおお!これは想像以上に激カライ!そして激マズイ!だってこれ、普通に毒物だもんなー。
結局、3/4超くらいでギブアップ。口中が痛くてイガイガする。そしてマズイ味が消えない!さあ、明日どーなってるかなー。
続きを読む

nosuke64 at 04:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
ハイサワー
ギャラリー
  • 第3回中山競馬最終日@東京競馬場
  • 臨時警備@中野四季の森公園@@非平日モード
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^またも中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^あれ?
  • 臨時警備@中野四季の森公園><暴風!