CD

2012年11月27日

第十四回大井競馬第3日^^楽しみにしてたCDが届く

DSC00274

今日の配置はそんなに道は聞かれないポスト。なんだけど、なぜか昨日に続いてコンラッド東京を三回聞かれるw。しかもスゲー案内しづらい場所で。はじめ通常ルートを案内したあと、ほんの少しだけど近い+曲がり角が見えるという理由で案内するルートを変更。
慣れないうちは大変だったけど、汐留は西新宿と一緒で高層ビル街なので、ビルの名前と位置関係を覚えてしまえば、案内は比較的楽になる。ビルの数は少ないし、雑居ビルは汐留通りの西にしかない。この約一年で主な雑居ビルの名前も覚えてしまったw。
汐留の高層ビルで聞かれてないのは「トッパンフォームズ」「汐留住友ビル」だけだな。ここに入ってる「ヴィラフォンテーヌ」は聞かれたことあるけど。あと、まったく別の場所から見てもその建物がどれだかわかるようになってるので、目視できる場所だったら「あれですよ」と付け加えることにしている。
新橋=第一京浜の西はそうはいかないけど、だいぶ大丈夫になってきた。西口通商店街の東側はビルの名前で聞かれてもわかる。それより西は立哨してないから、もひとつあやふやなんだけどw、ビルの名前や店の名前でなければ、だいたいは答えられる。 
小杉と北野で待ち合わせて、八王子に出る。行こうと思ってた店が軒並み閉まってたり閉店間際だったりして、「わたみん家」でイッパイやって帰宅。初めて行ったけど悪くなかった。ほんとは学生が一気飲みして死亡した店に行きたかったんだけどw。
楽しみにしてたCDが届く。小杉の店のBGM用。

a white album(初回盤)
a white album(初回盤)


nosuke64 at 09:36|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年09月22日

アニメCD補完

ひさびさにアニメのCDを買う。「スーパーヒーロークロニクル スーパーロボット主題歌・挿入歌大全集(I~III)」。もうコレクションはしてないので補完ではないんだけど、デジタルでは持ってない音源が多数収録されてるため、結果的には補完になってる。目的はまず「惑星ロボダンガードA」の挿入歌「宇宙母艦ジャスダム」。非常に好きなんだが、デジタルではTVサイズしか持っていなかったため。他にも「マジンガーZ」とか「グレートマジンガー」とか「勇者ライディーン」とかの挿入歌も欲しかったので、一気に全部購入。



nosuke64 at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月05日

Beegie Adair にハマる^^



小杉の店で流すクリスマス用のBGMを検索していて、なにげにひっかかる。普通のクリスマス曲集ならすでにあるんだけど、もうちょっとオシャレな、具体的にJazzアレンジのものを探していたのだった。
Amazonだと試聴もできるのでバリバリ聴きまくってたんだけど、この「Beegie Adair」が、σ(・∀・)の趣味的にはまさに求めていたもので、 小杉も気に入りそうだったので、mp3と米Amazonからの輸入で何枚かそろえることに。クリスマスまでにアメリカから届くかどうかがネックだったけど、11月24日には届く。まとめて聴いたけど、やっぱしサイコーヽ( ´∀`)ノ。
これまで、σ(・∀・)の理想のジャズピアニストは、若き日のAndre Previnだったんだけど、完全にそれと並ぶくらい気に入った。 ただ唯一の難点は、朝Beegie Adairが流れてると起きられないことかなw。ちなみにこの人、Andre Previnの8歳年下^^。

Jazz Piano Christmas
Jazz Piano Christmas
クチコミを見る

この人のレパートリーは、どうやら彼女が10代のころにヒットしたジャズのスタンダードナンバーと、10代~30代のころにヒットした映画音楽が多くを占めているもよう。現在入手したアルバムは以下3点。
Quiet Christmas
Jazz Piano Christmas
Winter Romance
なお、若き日のAndre Previnの演奏はこんなん↓

nosuke64 at 08:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月07日

デビー・ギブソン:「We Could Be Together」の歌詞^^


なんだかんだで、とりあえず和訳してみた^^。



私だけが子供だったのなら、


きっと寂しい思いをしただろうけど、


でもね、失ったものは何もなかったわ。


私は自分の靴で立ち上がって、


背伸びをして、


このチャンスをつかむの。


この決断をするの。


間違いを訂正するために、


声を上げるの。


そうすればきっと私たち、


もうしばらくいっしょにいられるよね。



疑いなんてもったことはなかった。


だけど、これからもきっとあなたのことばかり。


自分の中から彼の愛を遠ざければ、


私はきっと本当に自由になれる。


自分を守ることはあきらめて、


その可能性に賭ける。


私たちがしばらくの間いっしょにいるために。



あなたが「跳べ!」と言うなら、「どのくらい高く?」と答えよう。


あなたが「走れ!」と言うなら、私は走って空だって飛ぼう。


このチャンスのために。


この瞬間のために。


時はただただ過ぎていく。


もしあなたが一度たずねたなら、私は二度教えよう。


世界の誰のお説教も聞きはしない。


私たちがしばらくの間いっしょにいられるなら。



あなたに強引に惹きつけられた。


そんなふうにずっと長いこと考えてきた。


自分が幸せだと思っていた。


だけど気づいてしまった。


幸せってもっともっとすごいものなんだって。


ここに座って電話を待とう。


きっと私たちしばらくの間いっしょにいられるはず。



あなたが「跳べ!」と言うなら、「どのくらい高く?」と答えよう。


あなたが「走れ!」と言うなら、私は走って空だって飛ぼう。


このチャンスのために。


この瞬間のために。


時はただただ過ぎていく。


もしあなたが一度たずねたなら、私は二度教えよう。


世界の誰のお説教も聞きはしない。


私たちがしばらくの間いっしょにいられるなら。



待って!彼氏に言う私。


待って!他の友達にも言う。


みんな私がどうかしたと思うだろう。


でも、なにを知ってるって言うの?


なにもかも…


あなたに私が夢中だからなのよ。


みんなにとって最高の人だってかないはしない。


みんな私の望みはかなわないと言うだろうけど、


私はもうチャンスをつかもうとしている。


なぜって、人生は一度きりだもの。


一度きりだもの。(一度きりだもの。)



だから…



あなたが「跳べ!」と言うなら、「どのくらい高く?」と答えよう。


あなたが「走れ!」と言うなら、私は走って空だって飛ぼう。


このチャンスのために。


この瞬間のために。


時間はただただ過ぎていく。


もしあなたが一度たずねたなら、私は二度教えよう。


世界の誰のお説教も聞きはしない。


私たちがしばらくの間いっしょにいられるなら。



うまくいく保証なんてなにもないけど、


うまくいく可能性だってある。


私はすべてをなげうつつもり。


前に間違いを犯してしまったことはわかっている。


でもそっちの扉は閉じてしまおう。


私たちがしばらくの間いっしょにいられるんだから。



あなたが「跳べ!」と言うなら、「どのくらい高く?」と答えよう。


あなたが「走れ!」と言うなら、私は走って空だって飛ぼう。


このチャンスのために。


この瞬間のために。


時間はただただ過ぎていく。


もしあなたが一度たずねたなら、私は二度教えよう。


世界の誰のお説教も聞きはしない。


私たちがしばらくの間いっしょにいられるなら。



あなたが「跳べ!」と言うなら、「どのくらい高く?」と答えよう。


あなたが「走れ!」と言うなら、私は走って空だって飛ぼう。


このチャンスのために。


この瞬間のために。


時間はただただ過ぎていく。


もしあなたが一度たずねたなら、私は二度教えよう。


世界の誰のお説教も聞きはしない。


私たちがしばらくの間いっしょにいられるなら。



ねえ、私たちしばらくの間いっしょにいられるんだよ?



意外に長いな。


豆知識:サビの「Because you only live once-Only live once (only live once)」の「you only live once」は「人生は一度きり」という慣用句。これをもじったのが、「007/死ぬのは奴らだ」(1967年)の原題「You Only Live Twice」^^。






nosuke64 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

デビー・ギブソン:「We Could Be Together」を聴く^^


なんとなく古いCDで長らく聴いてないもので、もうだいぶ前にmp3にして放置してあったやつをぼんやり聴いてたら、ハマってしまった。


たぶんこのCD、そんなに何度も聴いてないし、熱心に聴いた記憶もない。この、デビー・ギブソンの「Electric Youth」(1989年)というアルバムを買ったのは、当時ダンスナンバーっぽいのを集めてて、アルバムタイトルの「Electric Youth」がそれっぽいので聴いてみたら、ジャネット・ジャクソンほど歯切れもよくないし、まあフツーかなー、という印象だった。同時にデビューアルバムの「Out of the Blue」(1987年)も買ったんだけど、こっちはもっと聴いてなかった。(このアルバムでのデビュー当時、デビーは16歳にして、作詞・作曲・プロデュースまで手がけている。)


というわけで、買ったときの比較対象とかが間違ってただけで、非常にイイ曲が多いことにいまさら気づくw。なかでも「Electric Youth」収録の「We Could Be Together」が、すげえツボ。2種類のアレンジが収録されていて、その対照も見事なんだけど、二つ目の、アコースティックなアレンジがすごい!コーラスアレンジが超絶に美しい!


とか、どうでもいいけど、なに30年以上前のCD(しかもほとんど放置してた)を聴いてコーフンしてるんだσ(・∀・)w。でも無限ループが止まらなくなる。


この感じ、以前広瀬香美のベストアルバムを、元気な曲が目当てで買って、そればっか聴いてたんだけど、ある日ふと全曲通して聴いてみたら、全然元気じゃない曲「Dear」が、実は一番ツボな曲だったと気づいたときの感じに似てるな^^;。あれは気づくのに何年かかったんだっけなあ。10年は行ってたはずだけどw。


ちなみにこの歌詞、仮定法ばっかりで日本語にしにくい感じだけど、そのうち訳してみたいなー。






nosuke64 at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
ハイサワー
ギャラリー
  • 第3回中山競馬最終日@東京競馬場
  • 臨時警備@中野四季の森公園@@非平日モード
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^またも中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^あれ?
  • 臨時警備@中野四季の森公園><暴風!