2009年05月

2009年05月30日

ひさびさにハシゴ^^;


二人でしばらくぶりに西八王子に飲みに行く^^。


いつもは南口(バス降りてスグ)の「土間土間」にいくことが多いんだけど、この日は新規に知ったカレー屋さん(期間限定でカレー半額または食べ放題をやってる)の下見^^。いや、食べるつもりだったんだけど微妙に時間がズレたので飲みに変更。「塚田農場」の系列店「じとっこ 西八王子店~宮崎日南 幻の地鶏焼~」に^^。


ちょいちょい飲み食いしたあと、帰りがけに「カラオケの鉄人」とゆー見慣れない(けどかなり安くてよさげ)なカラオケボックスを発見。ためしに入ってみることにw。いやー!すばらしかった^^!どの部屋でも5社の通信会社が使えるとゆーのが売りで、ほんとに(カラオケの音源になっているものなら)なんでもあるとゆー感じw。部屋もスタッフもシステムもなにもかもこれまで入ったカラオケボックスでサイコーでした^^。またいこー。


で、帰りに酔っ払って近道をいこうとしたら思いっきり迷って、気がついたら西八王子駅前にもどってたw。


(「カラオケの鉄人」はこの後、6月6日にリピート。)


今日の画像も絵師不明の台湾美女図^^






nosuke64 at 02:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 

2009年05月29日

美女図@台湾(続)^^


何人か絵師の名前が判明!・・・したんだけど、残念ながらσ(・∀・)のツボを直撃してる絵師の名前はまだわからず^^;。ていうか名前以外はまったくわからないままw。これまで判明した絵師の名前は「Vincent」「薇薇」「Hon宏」「緯亞」「杏菲」「柳清眉」「陳俊宏」「艾瑪」「丁琳」などといったところ。当然、全員台湾のひとかどうかもわからず^^;。


今日の画像は上記の絵師のひとり「薇薇」氏のもの^^。


どうやら「美人画」のことを中国や台湾では「美女図」というもよう^^。「言情小説」以外に「浪漫小説」「愛情小説」という表記もある。中国の通俗小説(大衆小説)では「武侠小説」と並んでメジャーなジャンルらしい。単行本のカバーは「封面」というもよう。


先に書いた壁紙おいてるサイト見てると、電脳卓面壁紙(PCデスクトップ用壁紙)の呼称に「卓布」と書かれていることもあって、これでは「テーブルクロス」だろとか思ったけど「デスクトップ」に貼るものだから、そっちのほうが正しい気がするなーw。もっとも「デスクトップ」に「ウィンドウ」があるのはおかしいだろって話になるとどうしようもないけどw。






nosuke64 at 03:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)漫画 

2009年05月28日

有料オプションで画像大@はてな


以前から、今使ってる「はてなダイアリー」に「有料オプション」があることは知ってて、とりあえず「アフィリエイトができるようになる」とかがあって迷ってたんだけど、このたび「いろいろ改良しますた><。おまけに今なら一ヶ月無料ですぉヾ(≧▽≦)ノ☆」とかいうメールがきたので、ためしに使ってみることにw。記事につける画像のサイズがこれまで150x150pixだったのが300x300pixになったのが、すんごい(・∀・)イイヨイイヨー。まー、月額180円だからこのまま使うかなー^^。


そんなわけで、このところ日記の画像がでっかくなっているのであるw。今日の画像は先日書いた台湾の絵師で、日本でも活躍している陳淑芬(Chen Shu-Fen)のイラストで、ぺんてる株式会社のイメージキャラクタ。経歴を調べたら、やっぱこのひとも台湾では「言情小説」のカバー画を描いてたそうな^^。ちなみに共同で活動している同じ絵師の平凡(PinFen)とは夫婦。→日本での公式サイト






nosuke64 at 08:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)PC 

2009年05月26日

美人画@台湾


言情小説」というジャンルが台湾にあって、まあハーレクインロマンスの台湾版みたいなもんらしいですが、漫画についで台湾の青少年には人気あるそうで、で、このカバー画に、なんか日本のアイドルみたいな顔のイラストが使われるのが定番らしいんですが、これがモロσ(・∀・)のツボを直撃する絵(エロくはないんだけどw)。高畠華宵とか石原豪人とか昭和の映画館の看板画を思わせる感じでよい^^。


いろいろ検索してたら、これを壁紙にしたものを大量においてるサイトを発見^^。どうやら中国(大陸)のサイトのもよう。→猫猫卓布酷(日本人のイラストや韓国人のイラストもある。)「言情小説のカバー画」は、ファンが勝手にアップしてるわけではなく、すべて(5~600枚ある)出版社から提供されたものと書かれている^^。


で、非常に気に入ってるんだけど、描いてる絵師のことがまったくわからないw。台湾の画家で、日本でもこの手のイラスト描いてる陳淑芬+平凡にも似てるんだけど、拡大して見比べてみると違う。かなり似た絵を描く(見慣れてるひとは簡単に見分けられるのかも)数人の絵師がいると思われるんだけど。このサイトの分類では「言情小説のカバーはアート(絵画)」、「陳淑芬+平凡の絵はイラスト(挿画)」と、別のジャンルにいれられているんだけど、その基準もよくわからないw。


日本で言えば「美人画」、アメリカで言えば「Pin-up」に近いのかなー。Pin-upも、昔はVargasの名前すら知らなかったから、調べてればそのうちわかると思うけどw。


なお、これらの絵はCGではなく、画材はガッシュなどで描かれてるらしい。






nosuke64 at 07:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)漫画 

2009年05月18日

「BLACK LAGOON」を見てみる^^


いくつかの面白いMADに使われてる元ネタが、あれこれと検索してこの「BLACK LAGOON」とゆーアニメだとわかったので、探してみる^^。ストリーミング配信はまったくなかったものの、某有名動画共有サイトに全話うpされてたので全部ダウンロード。2シーズンあり(現在第3シーズンの制作が決まってるらしい)、全部で24話。


さしあたってMADのネタに使われてる「史上最強のメイド」の話と「双子の殺し屋の話」を見てみる。うーん、面白い!ロベルタかっこえー!小山茉美かっこえー!と、かなり入れ込んだんですが、話にムラがあるなあコレw。史上最強のメイド:ロベルタの話「Rasta Blasta」(第8話~第10話)は、文句なく面白い。これは作画も話も声優もなにもかもスバラシイ^^。まぁ、双子の殺し屋の話もラスト近くのバラライカ(声:小山茉美)の台詞はかっこいいんだけど。


しかし、ロベルタのエピソードだけは原作の漫画も読んでみたいなー。






nosuke64 at 06:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ 
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
ハイサワー
ギャラリー
  • 第3回中山競馬最終日@東京競馬場
  • 臨時警備@中野四季の森公園@@非平日モード
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^またも中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^あれ?
  • 臨時警備@中野四季の森公園><暴風!