2008年01月

2008年01月30日

Paolo Eleuteri Serpieri


ていうイタリアのイラストレータ(ていうかコミックアーティスト)がいるそうで、全然知らなかったんですが、『master ass artist(お尻画の巨匠)』と言われてるらしいですw。うーん、かなりいいなあ。画集買おうかなあ。σ(・∀・)より14歳くらい上のひとです。ティント・ブラスといい、イタリアのすけべ爺はすごいなーw。


公式サイト



serpieri clone

serpieri clone







夕食は、京王ストアでちょっと買い物してウチで食べる予定だったんですが、なりゆきで椚田のダイソーまで歩いてさらに買い物して、けっこうな荷物なのに小杉がいまだに焼き肉欲が満たされてないとゆーので、さらに歩いて狭間の「はいから亭」で焼肉^^。そのうえカラオケにもいこうかという話になって八王子駅前まで出たところで、ひさびさにアイリッシュパブの「GALWAY」に行こうということになって、荷物かかえたままハシゴ。ん~。大満足でした。でもちょっと外食続いたので控えないとねー^^。






nosuke64 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エロ 

2008年01月29日

クラシックCDいろいろ補完^^


ラヴェルは、ピアノ曲と管弦楽曲すべて補完したので、今回のピアノコンチェルト補完で残すは室内楽曲だけになりました^^。ドビュッシーも同じ調子で集まるかと思ったんですが、管弦楽曲の全集でいいのが見当たらない。最近はやってないのかなw。ケテルビーは、アナログのときでさえめちゃめちゃ苦労して見つけたので、CDで出てるとは思わなかったモノ^^;。うーん、なにげに好きです。どうってことない曲なんだけどw。ちなみに「ペルシャの市場にて」以外まったく知られていない英国の作曲家です^^。「ガイーヌ」は、「剣の舞」と、「2001年宇宙の旅」で、ディスカバリー号が木星に接近するシーンで流れる曲(ガイーヌのアダージョ)で知られているバレエ音楽ですが、んー、組曲版でよかったんだけど、アナログで持ってなかった1957年の改訂版のCD見つけたので買ってみました^^。原典版も買う予定。
















nosuke64 at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Classic 

2008年01月28日

ボウガンはじめました^^@MHF


相変わらずどっぷりはまってるMHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)ですが^^。


最初のころは何を狩るにもほとんど双剣でプレイしてたんですが、このゲームは、モンスターによって有利に攻撃できる武器が違ったりするため、太刀とかハンマーも使うようになりました。そんでもって、最近ボウガン(飛び道具)もはじめたんですが、いやー、操作が難しいです^^;。攻撃力が近接武器より低めになってるので、近接武器だと楽に倒せる敵がなかなか死んでくれませんw。上位の雑魚に囲まれて死んでますw。うまいひとはこれで上位のボスも狩ってるんですが。弾の使い分けとかもまだうまくできないしなあ。でも、これまで近接オンリーだったので、モンスターと距離をとって戦ってるのはなかなか新鮮な感じです^^。


というわけで、PTに入るとお荷物になること確実なので、ボウガンはソロでしか使ってませんw。慣れたら支援(麻痺させたりとか)に使ってみたいけど。なお、飛び道具は弓をすすめられたんですが、そっちも独特の操作感で、むずかしいです^^;。


夕方、シフト終了後に小杉と待ち合わせて、八王子のヨドバシカメラでカラープリンタ購入。去年だったかにダイエーのとなりにできたホルモン屋さん「関根精肉店」でいっぱいやって帰宅^^。かなりいい店でした^^。






nosuke64 at 06:11|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ゲーム 

2008年01月27日

コーンドビーフ保存


参考にした本などによると、アルミホイルできっちり包めば(煮込んだ後の完成品のコーンドビーフが)冷蔵庫で1週間はもつと書いてあって、さらにほぐして冷凍すれば数ヶ月もつらしいので、小分けにして保存することに。もっとも、モノが「塩漬け肉」なので、風味の劣化を気にしなければ冷凍しなくても数ヶ月もつらしい、ていうかおおもとの「船上の保存食だったコーンドビーフ」は、常温で数ヶ月もたせてたらしいですw。まあ多少いたんでも無理して食べてたのかも知れませんがw。とりあえず、再調理する必要のない肉が1kgもあるのはいいなあ^^。おかずというより、おつまみにすること考えて、100gくらいずつに分けて保存。脂身のとこをどうするか(鉄板焼きとかの脂に使うとうまそうだし、焼いて食ってもうまそうなんだけど、コーンドビーフではないw)悩んだんですが、少し別に分けて保存。


夕食は、なんも考えてなかったんですが、小杉が「焼肉食いたい」と言うので外出したはいいけど、あんまし時間ないというので、前からちょっと気になってた駅前の喫茶店にゴー。スパゲティ食べたんですが、えー、ゲロマズでしたw。めじろ台でここまでハズレな店初めてだなあ。ウチの目の前にある喫茶店(モンシェリー)は下世話な感じだけどすんごいうまいのにw。






nosuke64 at 03:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自家製 

2008年01月26日

コーンドビーフついに!


小杉の誕生日(明日は都合がわるいので今日)ぱーちー開催w。昨日の酒が残っててあれでしたが、なんとか午前11時ごろから仕込み開始。3週間塩漬けした肉を取り出して、スロークッカーに投入。(というわけで、レシピ後編w。)




  • 塩漬け肉をスロークッカーに入れて、かぶるくらいの水を入れる。

  • クローブ2本・ローリエ6枚・粒黒胡椒小さじ1/2・りんご酢1/2カップを入れる。

  • 野菜(たまねぎ・大根・にんじん)を入れる。(ほとんど切らずに投入。)

  • 8時間煮込む



で、8時間煮込みに煮込みました!煮込みましたとも!


で、小杉が帰宅後(もう煮込んでる間めちゃめちゃいい匂いがしてました)、ホントは冷ましてから食べるもんなんですが、腹減ってるし、あったかいうちから(ポトフみたいにして)食べることにしました。スパークリングワイン(天使のプロセッコ:クラッカー2個つきw)も開けて、クラッカー鳴らして。で、出来ですが、もうすばらしいの一言です。しょっぱすぎるんじゃないかと思ってましたが、意外なことに市販のコンビーフの缶詰よりしょっぱくないし。ただ、野菜がりんご酢を吸収してすっぱくなってしまったため、ポトフみたいに野菜も食べるなら、りんご酢いれちゃダメだということがわかりました。で、気になる「これが市販のコンビーフの缶詰とどの程度似ているか」というと、思ったとおりまるで似ていませんw。まず肉ですが、見た目は繊維にほぐれてコンビーフっぽくなってるんですが、その繊維がぶっといので、ちゃんとしっかりした歯ごたえがあります。放置して冷ましておくと油脂が固まってくるんですが、これもコンビーフの脂とは当たり前ですがまったく違いますw。うーん、ウマイ~^^。酒のつまみにサイコーw。それから、今回硝石を使わなかったのは、「何もしなくても肉に赤みが出る」というコメントをいくつもネットで見たからなんですが、ホントにその通りでびっくりしました。表面はくすんだ茶色になってますがまずそうな色じゃないし、中は「これ半生なんじゃないの?(8時間も煮てるんだからそんなわけないw)」てくらい赤かったです^^。これもコンビーフの缶詰と違うとこだなー。


ほか、スモークサーモンとかチーズとか用意してたんですが、小杉がやや体調不良だったのでちょっと早めに終了。






nosuke64 at 05:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自家製 
記事検索
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Twitter
ハイサワー
ギャラリー
  • 第3回中山競馬最終日@東京競馬場
  • 臨時警備@中野四季の森公園@@非平日モード
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^またも中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^中央ライナー!
  • 臨時警備@中野四季の森公園^^あれ?
  • 臨時警備@中野四季の森公園><暴風!